転職

35歳転職限界説について (建設業界の場合)

投稿日:2018年12月23日 更新日:

転職限界年齢は35歳って聞いたことあるけど今でもそうなのかな~?
今は50歳でも転職できる時代じゃよ!良い世の中になったもんじゃ!
へぇ~!

そもそもなんで35歳なの?

35歳転職限界説って聞いたことある方は多いと思います。要は20代であれば転職先は容易に見つかるが35歳過ぎると転職の可能性は著しく低下するというもの。

限界とまで言っているので35歳以上は転職なんてムリよ!と言われているような気がしてガッカリしている人も多いのではないでしょうか?

ちなみに私は35歳をゆうに超えて転職に成功しました。

この35歳転職限界説について考察を述べてみたいと思います。

結論から言うと35歳超えていても余裕で転職可能です!!

私も35歳転職限界説を気にしながら転職活動をしていました!

35歳転職限界説の真相

そもそも誰が35歳転職限界説を唱えているのかは明らかにされていません。

昔(20年位以上前)から言われ続けているところから推測するに、別にここ最近の転職市場(だけ)に着目して言われていることではない、ということは言えそうです。

ここからは想像ですが…

日本は基本的に終身雇用制度の国です。戦後の高度成長期もバブルの時も転職はまだ今ほど認知度は低く、転職というとネガティブなイメージを持つ方も多かったものと容易に推測できます。

事実、私の祖母も私が転職する際には一生懸命会社に仕えるていればいずれ報われる、みたいなことを言っていました。(話半分にしか聞いていませんでしたけど…)

会社員として35歳といえば係長とか課長とかの年齢に到達しているのが通例です。

ここで社外から全然仕事のやり方の違う人が入社してきたら… 終身雇用で新入社員から育成して出世の階段を上りつつ係長、課長になった人との軋轢は避けられませんよね。

またその部下の上の上司、例えば部長などの役職の人、もいなかった(経験もなかった)、と考えるのが自然ではないかと思います。

”24時間働けますか~?”というリゲインのCM(古い?!)をみてガムシャラに会社勤めをしてきた上司の言うセリフは『俺が若いころは…(という自慢話)』をするのが常です。

ここで社会人経験が異なる部下が入社してくると困るという理由で、ある程度(35歳以上)の年齢の社員の採用は控えてきた、また(祖母の言うように)一生懸命会社に仕えるのが美徳とされた、等々の理由のため35歳転職限界説というのが世の中の常識のように語り継がれてきたのだと想像しています。

時代は変わりました。今はガマンして一生同じ会社で働き続ける時代じゃありません。

これも都市伝説か。。。?今となってはどうでもいい話ですね!!

現在の転職市場から35歳転職限界説を考えてみる

では現状はどうでしょうか。コチラについても考察を述べてみたいと思います。

若い転職者は依然として多い

新卒入社の3割が3年以内に辞めていく、という状況ですから全体に占める割合はやはり若手の転職志望者の方がいいのは紛れもない事実です。これは現在、というよりも過去30年間変わらないそうです。

35歳~45歳の人は就職氷河期を経験してきた

今、35歳~45歳の人はバブル崩壊後、失われた10年の時期に新社会人となった人たちです。つまり就職氷河期の新卒採用の狭き門を乗り越えた優秀な人材が多いと言われています。また各社とも就職氷河期であるが故、採用を控えてきた世代でもあります。したがって会社の業績が回復基調にあると言われる現在においては、35歳以下の若手よりも積極的に採用したくなる世代、ということもできます。

したがって、35歳転職限界説は過去のもの、と言えるのではないでしょうか? (私も35歳超えての転職でしたし…)

会社にも同年代の人あまりいないしね。。。。

マスコミ、CMの影響

雑誌やCMでも最近はハイクラス専門の求人なんて広告を見かけることが多くなりました。有名なビズリーチのCMだってどう見ても20代の若手を対象とした戦略で売っているようには思えませんよね。ここにも35歳転職限界説の限界を感じることができます。

年収アップをするための条件

とはいえ35歳以上の転職が有利かといえばまだまだ日本の会社には終身雇用制の影響が反映されているため簡単に喜ぶことはできないと感じています。

特に古い体質の業界に転職する際には要注意となるでしょう。(建設会社から別の建設会社に転職する場合など…)

年収アップを狙うなら、建設業界とは異なる収益構造の異なる業界であること、かつこれまでの経験を活かせる職種であること、が必要になってくると思われます。

ナルホド~。。。

35歳は全く別の業界に転職する際の限界と考えよう

35歳転職限界説は『35歳以上になったら全く異なる業界への転職は諦めた方がよい』と解釈するとスッキリすると思います。

新卒から35歳まで建設会社に勤めていた人が金融業界に転職したいと思ったとしても、そもそも転職先は少ない、転職できたとしても年収アップは難しい、と思った方がよいでしょう。

それでもチャレンジするという気持ちは大事です。35歳過ぎたら別の業界に転職してはいけない、なんて決まりはありません。(あくまでも一般論という観点です)

理不尽な現状に適応するだけが人生じゃない

いかがでしたか? 何となく35歳転職限界説に対しての不安な気持ちが少しでも和らいだのではないでしょうか?

時には理不尽な現状に対して自分を適用させることも必要です。(実際転職しても同じような状況に出くわすことは十分考えられますし…)

でも、「35歳転職限界説って別に大したことないな~、気にしなくても大丈夫そうだ!」 と思って頂ければ幸いです。

何でもそうですけど、大切なのは入念な下調べとシミュレーションですね。

入念な下調べとシミュレーションは転職サイトがおススメです!

 

理不尽な現状から脱却したい方はコチラ

 

-転職

Copyright© ドボテン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.